« Windowsのシャットダウンが遅い時や、正常にシャットダウンできない場合の対処 | トップページ | エクスプローラ内でのファイルやフォルダの並べ替え順序を変更する »

Outlookの起動や動作を軽くする方法

Outlookの起動が遅かったり、動作が重いと感じる場合があると思います。
また、使用途中でも、急に動作が遅いと感じる事はないでしょうか?
そんな場合、以下の設定を実施することで、動作を軽くできる場合があります。

Outlookには、コマンドラインスイッチが用意されており、
これらを使用する事で、起動や動作を軽くする事が可能です。


※以下はOutlook2003の代表的なコマンドラインスイッチです。

スイッチ 説明
/safe 拡張機能、閲覧ウィンドウ、およびツールバーのカスタマイズを無効にして Outlook を起動します。
/safe:1 閲覧ウィンドウを表示せずに Outlook を起動します。
/safe:2 起動時にメールをチェックせずに Outlook を起動します。
/safe:3 拡張機能を無効にして Outlook を起動します (アドイン マネージャには表示)。
/safe:4 Outcmd.dat (カスタマイズしたツールバー) および *.fav ファイルを読み込まずに Outlook を起動します。
/recycle 既存の Outlook ウィンドウがある場合に、そのウィンドウを使用して Outlook を起動します。 /explorer または /folder と組み合わせて使用します。
/nopreview 閲覧ウィンドウを表示せずに Outlook を起動します。
/noextensions 拡張機能を無効にして Outlook を起動します (アドイン マネージャには表示)。
/nopollmail 起動時に電子メールをチェックせずに Outlook を起動します。
/explorer 新規のウィンドウをエクスプローラ モード (リンクバーを表示) で開きます。
/folder 新規のウィンドウをフォルダ モード (ナビゲーション ウィンドウを非表示) で開きます。
/cleanrules Outlook を起動して、クライアント ベースおよびサーバー ベースのルールを削除します。

★その他のコマンドラインスイッチ、およびOutlook2007等、詳細については、以下のサイトを確認して下さい。

Outlook2003: http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook/HP010031101041.aspx
Outlook2007: http://office.microsoft.com/ja-jp/outlook/HP012185891041.aspx


設定方法

Outlookのショートカットで、各コマンドラインスイッチを設定して下さい。

ちなみに、おすすめは以下の設定です。起動は確実に速くなります。

・/noextensions ⇒ 拡張機能を無効
・/nopreview   ⇒ 閲覧ウィンドウ(プレビュー画面)を非表示
・/recycle    ⇒ Outlookが起動している場合は、そのOutlookを使用

★ショートカット設定
"C:\Program Files\Microsoft Office\OFFICE11\OUTLOOK.EXE" /noextensions /nopreview /recycle

43109_0_0090715103326_2

★ /safe 系の設定も起動や動作が速くなりますが、メール作成時のデフォルトがHTML形式
 となってしまいます。Text形式へのデフォルト設定もきかないため、あまりおすすめしません。

|

« Windowsのシャットダウンが遅い時や、正常にシャットダウンできない場合の対処 | トップページ | エクスプローラ内でのファイルやフォルダの並べ替え順序を変更する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193226/46737626

この記事へのトラックバック一覧です: Outlookの起動や動作を軽くする方法:

« Windowsのシャットダウンが遅い時や、正常にシャットダウンできない場合の対処 | トップページ | エクスプローラ内でのファイルやフォルダの並べ替え順序を変更する »